ブログは自由に楽しく書きましょう!でもコレだけは注意してね

 


ブログを書くようになって、もうちょっとアクセスがほしいなーとか、お小遣い稼ぎしたいなーとか考え出すと、なんだか “ブログ論” のようなものが気になり始めます。

そのうち、「役に立たない記事なんてクソだ!」「pv あたり 0.1 円しか稼げないならやめちまえ!」みたいなのが当たり前だと思うようになるかも。

仕事として捉えるなら確かにそうなんですけども、それって本当に楽しいですか? ブログを始めたばかりの頃に味わっていた刺激や面白さを失っていませんか?

ブログに制約なんてありません

freedom

ブログを運営していて何らかの見返りを求めるとすれば、やっぱりわかりやすいアクセス数と収益額に行き着きます。

先月は 30 万 PV だったとか、100 万円を超えたとか。

ハッキリと数字になって表れるので、自分でもわかりやすいし相手にも伝えやすい。

その数字を追求していくことに楽しさを感じているなら、何の問題もありません。どんどん目標を高く設定していって、自他ともに認めるプロブロガーになれば良いと思います。極端な話ね。

ただ、そんな数字に囚われることに少しでも苦痛というかプレッシャーというか疑問を感じてしまうなら、どこかで何かがゆがんでいる証拠です。

『このジャンルはアクセスも集まるしお金も稼ぎやすい!(でもあまり書きたくない…)』

その思いは、文中のどこかに反映されます。で、やがてへんな葛藤が生まれてきて、ブログそのものが楽しくなくなるかもしれません。

ブログなんて思ったとおり自由に書けばいいのに、だんだんそれができなくなってしまう。

「ブログを始めて毎日が楽しくなりました!」から、「ブログを毎日書かなくちゃならないので大変です」になると、危険信号です。赤い警報ランプがぐるぐる回っているのでいったん引き返しましょう。

ブログは人間臭いから面白い

引き返すというか、初心に戻るってことですね。

なぜ自分はブログを始めようと思ったのか

最初は明確な目的なんてなかったかもしれません。何となく日記がわりに始めてみたとか、日ごろのストレスを発散する場所がほしかったとか、友達が始めたからとか。

いや、それでいいんですよ。そういう等身大の記事ってすごく面白いんだから。

「役立つ記事書かなきゃ!」「SEO 考えなきゃ!」と変に意識しちゃうと急につまらなくなる。それでも面白い記事書ける人っていますけどね。

等身大の自分を反映した「人間臭さ」が失われると、たいていは書くほうも読むほうもつまらなくなります。

僕は人間臭いブログが好きなので定期的に読みますが、あれなんか意識しだしたな、と感じたブログはもう読みません。

ブログでやっちゃいけないこと

ただ、いくら自由に書いていいと言っても、やっちゃいけないことがあります。

  • サーバーやサービスの規約に反すること
  • 著作権を侵害する “パクリ”

たいてい各サービスの規約には「著作権を侵害する行為は禁止」という項目があるので、実質ひとつだけですね。

世の中にはお互いが楽しく過ごせるように定められたルールというのものがあるので、その範囲内で楽しみましょう、ということです。

あと、これはやっちゃいけないことじゃないんですけど、最初からガチガチに縛りをつけるのはできるだけ避けたほうがいいかもしれません。

「このブログは毎日更新します!」という宣言とか。

そういう独自のルールに縛られると、これまたブログをつまらなくさせる要因になってしまいます。

書きたいときに書いたっていいじゃない。

ひとことまとめ

ガチガチに縛られたルールのなかで書くのが楽しいんだ!というド M ブロガーはそれでいいと思います。


Ellora

Ellora

Naifix というブログで初心者向けの記事を書いています。Twitter では「目のお化け」と言われていますw

  • Twitter
  • Facebook
  • Google+

この記事へのコメント

PAGE TOP ↑